海洋散骨とは?

今、供養の形が多様化しています。高齢化や核家族化に伴い、お墓を維持する事が難しいという理由等から、敢えてお墓を持たず、自然に還る「自然葬」を望む人も増えてきていると言います。自然葬の1つ、海洋散骨はご遺骨やご遺灰を海上に散布する事を言います。生前思い入れのある場所に還るという考え方もロマンがあると思いませんか?生前中に、どのように供養されたいかを考えておくことも大切な終活です。

散骨後の供養方法について

海外で散骨した場合、供養をするために毎回現地まで渡航しなくてはいけないのではないかという心配もあるかと思います。しかし、海洋散骨の経験者の方々は、「海は全て繋がっているので海全体がお墓」と考える方が多いようです。その為、わざわざ現地まで行かなくても、近くの海に向けて拝むことで供養が出来ると考えられています。
また、ご遺骨の一部は散骨せずに自宅に保管し、手元供養として傍に置かれている方も多いようですので、故人の希望を叶えながらも、傍に寄り添い続ける事が出来るのです。